【ABOUT カール・ハンセン&サン】
サボファニチャー的メーカー紹介


『カール・ハンセン&サン』社は1908年、カール・ハンセンがデンマークはオーデンセに工房を開業し生まれました。
創業者であるカール・ハンセンは開業時から「優れたクラフトマンシップと最新技術を融合すれば、リーズナブルな価格で質の高い家具を人々に提供できる」と確信し、伝統的な職人の技巧と最新技術を応用することが現在も変わることなく会社の基盤となっています。

ここで、忘れてはならないのは、『カール・ハンセン&サン』社と双璧をなす、もう一つのデンマーク家具メーカーである『PPモブラー』社の存在。
『PPモブラー』社は、『カール・ハンセン&サン』社と比べ、より職人技術を明確にしている家具を世に送り出している。
一般的に『カール・ハンセン&サン』社が質の高い家具を工業生産に近い形で大量に生産できるよう最新の技術を応用している一方、『PPモブラー』社は手作業の工程を大切にしている。

手作業でしかなしえない形状の家具を多く販売している『PPモブラー』社の家具は言わずもがな『カール・ハンセン&サン』社の家具と比べ高価であることはよく知られているが、 その作りたるや、まさに芸術品の域に達しており、普段使いには少々気をつかってしまうかもしれない。

やはり、椅子は飾るだけではなく日常生活で使用してこそ、本来の価値が問われるというもの。
そういう意味では、『カール・ハンセン&サン』社の明確なビジョンこそが、椅子に座る喜びを感じることができるのではないだろうか。

とはいうものの、芸術的にまで作りこまれた『PPモブラー』社の「ヴァレットチェア」を見ると、『PPモブラー』社の技術力の高さがうかがえ、同社への職人希望者が後を絶たないことが納得できます。
職人として働くなら『PPモブラー』社、最新技術を学ぶなら『カール・ハンセン&サン』社という風に、自身がその職場で働く姿を想像しても楽しいかもしれません。

『カール・ハンセン&サン』社のクラフトマンシップに話を戻しますが、同社の主な商品は1930年代から60年代にかけて、デンマークを代表するデザイナーによってデザインされたものがほとんどです。
その時代に椅子における主要デザインが出し尽くされたと言われています。
「コーア・クリント」「ハンス・J・ウェグナー」「モーエンス・コッホ」「フィン・ユール」等の優れたデザイナーが活躍したのも同じ時代。
彼らの功績が今の北欧家具の地位を知らしめているといっても過言ではないですが、そのデザインを製品化することができたのは、彼らの意思を明確に形にする技術を持った職人と会社があればこそ。
現代でもモダンと感じられる普遍性を持った家具は、世代を超えて長く使用できる素晴らしいものです。

また『カール・ハンセン&サン』は使用する材料においても、サスティナビリティをきちんと配慮した上で物作りをしていく誇りを持っています。
というのも、北欧では製材業者が環境について厳しく管理しているため、違法伐採で採られた木材は流通していないのが現状です。

明確なビジョン、細かな配慮、優れたクラフトマンシップ、これらが基盤となり『カール・ハンセン&サン』社の質の高い製品作りに活かされているのです。

そして、『カール・ハンセン&サン』社の椅子には一つ一つストーリーが宿っています。
このような理由で、同社は保有するライセンス商品の廉価版や並行輸入商品を厳しく禁止しております。
当店は『カール・ハンセン&サン』社の正規販売店なので、同社のコピー商品は取り扱っておりません。
質の高い椅子なればこそ、実際にご自身の目で確かめてからご購入を決断いただきたい、という『カール・ハンセン&サン』社の意向も取り入れ、オンライン販売も行なっておりません。
是非、当店にご来店いただき、クラフトマンシップを感じ取っていただきたいと思っています。